Iisalmi Jazz Festival – イーサルミ・ジャズ・フェスティヴァル

2015年以来、フィンランド東部のイーサルミ市は、ジャズの街として進化を続けています。地元の有志とKoko Jazz Clubが積極的にコラボレーションすることにより、世界クラスのジャズコンサートを求める聴衆の期待に応えるべく取り組んでいます。
ジャズにおける成功には「人」がキーになります − イーサルミの人々は新しいものへの好奇心にあふれ、気軽に接することのできる真の国際人であると言えます。皆様と共にイーサルミ・ジャズ・フェスティヴァルを作り上げることは素晴らしいことだと、私たちは考えています。

音楽は国を超えた言語であり、理解可能で、かつ抽象的です。あたかも呼吸をするように気軽に、あなたを音楽の旅に連れて行きます。気づかないうちに、音楽はあなたを深く感動させ、意識するともせずともなく、心に残り続けます。イーサルミ・ジャズ・フェスティヴァルのプログラムは、基盤から頂点までしっかりとカバーし、ソウルフルに、スリリングに − アーティストたちが全てを表現し、皆様を忘れられない旅にお連れします。
オーロラの光の中でお会いしましょう!

Timo Hirvonen (ティモ・ヒルヴォネン)
芸術監督


出演アーティスト

The Programme

フェスティヴァルのメイン会場はイーサルミ・カルチャー・ハウス。2つの美しいコンサートホールが最高のフィンランドジャズで包まれます。アフターパーティーは市の中心部、O’Nelly’sで開催されます。
フランク・マッコムとともにお届けする日曜のコンサートは美しい木の教会、グスタフ・アードルフ教会(Kustaa Aadolfin Kirkko)で開催。午後はKoko Jazz Clubの拠点ラーティフオネ(Raatihuone)にてコンサートが行われます。

  • 21.1.2021


  • Jukka Eskola Funky Crew plays Freddie Hubbard Trumpetisti Jukka Eskola polkaisee festivaalit käyntiin tyylillä. Trumpetisti Freddie Hubbardin mo ipuolisesta säveltuotannosta koostuva ohjelmisto sisältää mustan musiikin klassikoita sekä kauniita tunnelmapaloja flyygelitorvella. Jukan kanssa Raatihuoneella musisoivat Jussi Lehtonen, Severi Pyysalo, Kari Ikonen ja Timo Hirvonen.

  • 22.1.2021


  • Saksofonisti Pauli Lyytinen ja pianisti Kari Ikonen kohtasivat 12 vuotta sitten festivaalilavalla pikaisen esiintymisen puitteissa. Yhteinen synergia oli poikkeuksellinen ja yhteistyöstä sovittiin. Miehet tuovat omat soolokonseptinsa yhteen intiimissä Kollan-salin akustiikassa. Luvassa on vapaata ilmaisua ja ajatuksen lentoa, sekä sovitettua ohjelmistoa akustisen jazzin velhoilta.

  • 24.1.2021